乾燥肌なのにパウダーのミネラルファンデを選びたい理由

乾燥肌はブツブツ、ニキビ、シワ、シミなどの原因になって顔を老けさせてしまうから、メイクだけじゃごまかしが効かなくなってきますよね。

 

メイクで塗れば塗るほどカバーしたいところが逆に目立っちゃったりして。
しかもブラシを使ってメイクすると、カバーしたい部分にだけつい力が入って肌を擦ってしまいがち。

 

そうしたブラシの刺激も乾燥肌にとっては避けたいところ。

 

肌の乾燥を進行させてしまいがちな要因の一つにクレンジングがあります。

 

クレンジングでメイクをキレイさっぱり落としたい!って気持ちはわかるけど、それってつまり肌には必要な水分とか油分まで洗い流してしまう。ってこと!

 

肌は水分が足りなくなると代わりに皮脂がたくさん出るようになります。

 

洗顔とかクレンジングとか。
顔を洗い過ぎて肌を水分不足にしてしまうことが乾燥肌の原因になるのです。

 

だからこそクレンジングいらずのミネラルファンデーションを選んでいただきたい!

ブラシの刺激は避けたいのにパウダーのミネラルファンデがいい?

パウダータイプのミネラルファンデーションって乾燥肌には遠慮されがちですが、ブラシを使わずにパフを使ってメイクすれば肌への刺激は抑えられるし、保湿成分配合のものもあったりで…。要は選び方さえ間違わなければいいのです。

 

乾燥肌が選びたいミネラルファンデーションには例えば、エトヴォス、ヴァントルテ、オンリーミネラルなどがあります。

 

中でもブラシでなくパフでつけるタイプのヴァントルテは乾燥肌に特におススメ!

ミネラルシルクファンデーション、ヴァントルテのレビュー

 

ミネラルファンデーションで「タルク」っていう成分が含まれていると、皮脂を吸着して皮脂が出るのを抑えてしまうから、パウダーのミネラルファンデを使うとかえって肌が乾燥してしまうことがあります。

 

ヴァントルテはタルクが入っていなくてシルクが使われているから、パウダーなのに他のミネラルファンデよりも保湿力が高くて、朝メイクすれば夜のメイクオフまで乾燥知らず。

 

オンリーミネラルも肌が乾燥しなくてよかったけど、ヴァントルテはそれ以上でした。

 
シルクが入ってるとどうしていいの?

 

保湿力にとても優れている成分だからです。
肌を乾燥から守って潤いを与えて、きめ細かい肌に仕上げてくれます。
それに紫外線を吸収してくれるからスキンケアと紫外線対策が同時にできてしまうファンデーションでもあるのです。

 

ブラシの刺激よりも肌に優しいパフ

ブラシの刺激がイヤならパフを使えばいいだけの話。

 

ブラシの方が薄くつけられるとか、素肌感が出るのもわかるけど、ヴァントルテはすごく軽いつけ心地だから、パフでつけても重たい感じがなくて厚塗り感も出にくく、素肌感もちゃんと出せるから大丈夫!

 

肌の上でパフをクルクルと動かすだけで簡単にメイクできるので、ブラシを使うより楽でしたよ。

 
スキンケアだけで保湿をうまくできない人にこそ!

言われなくてもわかってると思うけど、スキンケアでの保湿はとても大事!でも実際は、洗顔後いくら保湿アイテムを使ってもベタベタになるだけで、保湿されているのとはちょっと違うような、不快な感じにしかならない。ってこと、よくありますよね。

 

スキンケアだけで保湿がうまくいかない人にこそ、ヴァントルテのような保湿力に優れたミネラルファンデーションがおススメなのです。

 

日頃のケアを見直しつつ、保湿力のあるファンデーションを使って乾燥肌をケアしていきたいものです。